2018-12-16-20-53-01水温27度、透明度10~15m

皆さんこんにちは。
先日行ってきたフィリピン・アニラオツアーのログです。

ツアー期間中は、雲の多いお天気ながらも海況良好!
いろんなポイントへ行けました。

毎日3~4ダイブ×70分。
せっかく常夏の国に来たのですが、体が冷え切るまで潜り倒しましたね。(苦笑) 2018-12-16-20-47-44
海の中は、ちょっと濁り気味。
だいたい10mぐらいで良いポイントだと15mぐらい見えていたかな?
もっとも、ソンブレロと言う沖のポイント以外は、マクロ中心のダイビングなので、あまり気にならないですが。

そのソンブレロは、今回1回だけ行きました。
相変わらずキンギョハナダイの群れが凄いですね。
2018-12-17-21-51-26ナンヨウキサンゴやその他腔腸類が所狭しと海底を埋め尽くしてとってもカラフル!(^^)/
まさに竜宮城のようなポイントです。
中層を見ているとニジョウサバの群れや大きなイソマグロが出ました。

その他では、レックのポイントやサンゴのポイント、砂地エリアとお目当ての生物を狙っていろいろ行きました。

2018-12-19-10-31-45主に見られた生物は、ゼブラバットフィッシュ、ピグミーシーホース(ピンク&イエロー)、ツノカサゴ、イロカエルアンコウ、オオモンカエルアンコウ、クダゴンベ、チョウチョウオコショウダイ幼魚、ミジンベニハゼ、アカメハゼ、ハナイカ、ミミックオクトパス、トゲツノメエビ、コールマンズシュリンプ、ナデシコカクレエビ、フィコカリス・シムランス、ウミウシカクレエビ、ミゾレウミウシ、コールマンウミウシ、ミスジアオイロウミシ、2018-12-21-11-06-50キイッポンウミウシ、セスジミノウミウシ、ゴシキミノウミウシ属の1種15、アカテンミノウミウシ、アオセンミノウミウシ、マダライロウミウシ、センヒメウミウシ、セグロリュウウウミウシ、タイヘイヨウイロウミウシ、キャラメルウミウシ、キイロウミウシ、キカモヨウウミウシ、チリメンウミウシ、センテンイロウミウシ、ブチウミウシ、タリンガ・ハルゲルダなどなど、あまりにもいろいろ見すぎて書ききれませんが、とにかくたくさんの生物を見ることができました。

20181217_191921そして、期間中にゲストのNさんが100ダイブ記念!
ケーキとスパークリングでお祝いしましたよ!(^^)/

Nさま。
100ダイブおめでとうございます!
皆にお祝いしてもらって良かったですね。

ご参加のゲストの皆様。
今回のツアーも、皆様のおかげで楽しいツアーになりました。
どうも有難うございました。
これからも、いろんな海に行きましょう。
今後とも、よろしくお願いします。