2012/4/15(日)黄金崎 ベニカエルアンコウ Photo by Hiroko.U水温17度
透明度7~10m

初島の予定でしたが、西伊豆の方が明らかに良さそうだったので、ゲストと協議の結果、西伊豆の黄金崎へ。
水温が上がり、透明度も良くなりました!

前日の中木が良かったので、近いうちに西伊豆も、、、と思って、期待していきましたが、期待通り!
2012/4/15(日)黄金崎 クロホシイシモチの群れ Photo by Hiroko.U水温は、前日より2~3度上昇。
透明度も、前日までは5m前後だったのが、浮遊物が多いながらも10mぐらい見えています。

生物も、水温が上がって、タカベの幼魚の群れが見られました。
これが出だすと、初夏の始まりです。
水温が低いと、砂の中に潜ってしまっているハナハゼも、姿を現しました。

2012/4/15(日)黄金崎 リュウグウウミウシ Photo by Hiroko.Uその他では、ベニカエルアンコウ、ハナタツ、サンゴダツ、セイテンビラメ、アカオビハナダイに、ニシキ、ミレニアムマツカサ、リュウグウ等のウミウシの仲間、イボイソバナガニ、オルトマンワラエビ等の甲殻類など。

マトウダイやシビレエイなども探したのですが、水温が急に上がったせいか、見つかりませんでしたね。
2012/4/15(日)黄金崎 Photo by Hiroko.U水温が変わると、たった1日の間に、見られる生物もガラッと変わるものです。

本日のゲストの皆様。
思ったより良い海になっていて、ラッキーでしたね。
良い写真は撮れましたか?
ツアーにご参加いただき、大変有難うございました。