8/14(日)神子元 ハンマーヘッドシャーク群れ水温22~28度
透明度7~20m

お盆休みの週末は、1泊で神子元でした。
毎ダイブごとにめまぐるしく変わる海況は、まさに神子元マジック
その結果、最終ダイブでハンマーの群れに接近遭遇をはたしました。

初日の1本目は、カメ根、Aポイント狙いです。
前日までが凄く良かったので、ゲストともども、かなり期待していましたが、前日の海とはガラッと変わり、ドンヨリとした冷たい潮に覆われていました。
Aポイントは、サメの影すらなく、南へ出して魚群を楽しみました。
ニザダイのものすごい群れに大きなカンパチ、ハンマーもチラッと見えましたが、ゲストからは遠かったです。
安全停止中には、カメも出現しましたが、ゲストからは見えず。
この透明度が恨めしいです。

2本目は、ジャブ根からのドリフト。
南に引っ張られる潮だったので、東へ切りながら流していくと、イサキの群れの中から突如、ハンマー出現。
濁っている分、見えた時は、すでに至近距離でした。
その後は、クマノミやテングダイ、ミツボシの幼魚にサメジマオトメウミウシ等、マクロも楽しみながら浮上。
濁っていましたが、面白いダイビングでした。

3本目も同じジャブ根からのドリフト。
先ほど暖かい潮のあったカメ根東エリアを狙い、のんびりドリフト。
道中は、タカベやキンギョハナダイの群れでとても賑やかですが、何しろ見えない。。。
大きなハマフエフキ30匹ぐらいの群れに当りました。

ハンマーが単体で出たものの、暗い潮で厳しい初日でしたが、夜は、皆で手巻き寿司を食べながら、ダイビング談義や四方山話。
楽しい宴になりました。

翌2日目。
1本目は、沖払いが速いという事で、カメ根から。
相変わらず、暗い潮ですが、土曜日より少し良くなっています。
とりあえず、Aポイントを覗くと、タンクをたたく音がしたので、しばらく待ってみると、ハンマー30匹ほどの群れが登場。
見えた人、見えなかった人に分かれましたが、期待の持てるスタートです。
その後は、北よりに潮を切りながら、東の根、東の東の根を覗きましたが、無念のタイムアウト。

2本目に向かって神子元まで出ると、途中から明らかに海の色が青く変わってます。
エントリーしてみると、やはり青いですね。
水温も、27~28度まで急上昇!
そして、その2~3分後には、まず最初のハンマー登場。
4~5匹確認しましたが、そのうちの1匹がこちらに向かってきてくれた為、ゲスト全員が、しっかり見ることができました。
そのあとも、3匹のハンマーとメジロザメ数匹が、視界から出たり入ったりが続き、その度に、あっちへダッシュ、こっちへダッシュと大忙しです。
そして、浮上間際に正面からハンマーの群れ登場。
私たちに当って、二手に分かれたハンマーの群れは、さらに他船のグループにも当って、こちらに向かってくる個体もあり、かなり至近で見ることができました。

それにしても、たったの2時間程度で、ここまで海が変わるとは、まさに神子元マジック!
大興奮の最終ダイブになりました。

ツアーにご参加の皆様。
神子元の海に翻弄された2日間でしたが、楽しかったですね。
海の凄さが実感できたツアーでした。
また、ハンマーを狙って神子元へ行きましょう。
ご参加、有難うございました。

 

まだまだシーズンの続く神子元の海ですが、このあとの神子元日帰りダイビングツアーは、
8月18日(木)・・・日帰り
9月10日(土)・・・前日の夜出発
9月23日(金)~24(土)・・・前日の夜出発
の予定です。

平日に関しては、リクエストベースで神子元日帰りダイビングツアーを開催します。
神子元で潜ってみたい! ハンマーを狙ってみたい! と言う方は、是非、リクエストしてください。
ツアーは、1名様より開催していますので、安心してお申し込みいただけます。