伊豆ダイビングポイント

ポイントマップ


より大きな地図で 伊豆ダイビングポイント を表示

当店で利用する伊豆ダイビングポイントです。どこのポイントもそれぞれ特徴があって面白いポイントばかりですが、『大物が見たい!』 『地形を楽しみたい!』 『じっくり写真を撮りたい』 『船に弱いんですけど~』 『初心者なので、やさしい海で潜りたい』等、やはり、自分のニーズにあったポイントを探すのは重要ですよね。
この案内ではあまり詳しくかけないので、いろいろ聞きたいことがある方は、お問い合わせください。どこのポイントも、リクエストツアーを受け付けています。


初島—渋谷からの所要時間:2時間—

hatsushima1初心者から楽しめる当店のメインポイントです。アクセスが良く、日帰りも楽々できちゃいます。
ダイビングは、ビーチポイントのみですが、離島であるが故の魚影の濃さはボートダイビング並み!
透明度も年間通して安定しています。
初島のアイドル”ジョーフィッシュ”は通年。水温の低い冬から初夏の間は大型のサメやエイの仲間が、夏から秋にかけては、キビナゴやタカベの大群にカンパチやワラサ等の大型回遊魚を見ることができます。
またお昼には、食堂街で美味しい魚料理が食べられますよ!


福浦—渋谷からの所要時間:1時間20分—

 

manazuru1アクセス抜群のビーチポイント。年間を通じて海の静かなことが多く、最大でも水深12mと浅いので、オープンウォーターの海洋実習やステップアップ講習でよく使っています。
箱庭のような海は、小さな生物の宝庫! ダンゴウオやカエルアンコウの仲間にウミウシ各種といろいろ見つかります。減圧を気にせず、じっくり写真を撮ったり生物を観察できたりできるのが有難いですね。
夏には、福浦のビーチでバーベキューを行っています。楽しいですよ!


熱海—渋谷からの所要時間:1時間40分—

atami1伊豆の玄関口、温泉町として有名です。
ダイビングはすべてボートダイビングで、さらに深いポイントが多いので、始めたばかりの初心者の方にはちょっと難しいかも?
そして、ここのポイントの特徴は、なんと言っても沈船!
昭和50年代に座礁した砂利運搬船が、二つに分かれて沈んでいます。
この沈船も、今では格好の生物の棲家になっていて、船の周囲には色とりどりのソフトコーラルがつき、ネンブツダイやサクラダイ等が見られます。


伊東—渋谷からの所要時間:2時間20分—

ito1ビーチポイントもありますが、ここで潜るならやはりボートでしょう。
沖にある手石島周辺がポイントになっており、どのポイントも起伏にとんだ複雑な地形をしています。
この複雑な根に潮が直接あたるため、魚影の濃さは圧巻! 当たると魚群で周囲が見えなくなるぐらいです。
沖のポイントは、ドン深で潮もかかりやすいため、初心者の方には、浅くて穏やかなビーチで潜った後に沖のポイントへお連れしています。


富戸—渋谷からの所要時間:2時間50分—

iop1西の大瀬崎と人気を二分する東伊豆のポイント。
年間通して荒れることが少ない穏やかなビーチには、マクロな生物がいっぱい!
初夏には、アオリイカの産卵、夏から秋にかけては、季節来遊魚が多く見つかり、ムレハタタテダイが大きな群れを作ります。
ボートポイントも数多くあり、どのポイントも魚影が濃くて楽しめますよ。
そして、ここが人気になったもうひとつの理由は、”温泉丸”。
今では、伊豆のサービスのほとんどにウエットを着たまま入れるお風呂が置かれていますが、その元祖は富戸なんです。
使用しなくなった漁船に、温泉を引っ張ってきて溜めたお風呂だから”温泉丸”。本物の温泉です。


伊豆海洋公園—渋谷からの所要時間:2時間50分—

futo1フィッシュウオッチングのメッカ、日本で最も古いダイビングポイントの一つです。
ポイントは、ビーチポイントのみですが、広大なエリアの中には、ゴロタ石・砂地・転石・ドロップオフ等、さまざまな環境があり格好な生物の棲家となっているため、数多くの種類の生物を見ることができます。
また、公園となっている為、ロケーションが抜群。
ダイバーがゆっくりくつろげるようなテーブルや大きなお風呂など、施設も充実しています。


神子元—渋谷からの所要時間:4時間00分—

mikomoto1世界でもトップクラスの魚影とダイナミックさを誇る、日本を代表する大物ポイント
夏から秋にかけて見られる、ハンマーヘッドシャークの群れが有名です。
ダイブスタイルは、すべてドリフトダイビングになるので、参加者は、シグナルフローとの携帯が必須です。
参加資格は、ボートダイブ経験のある中級者以上の方限定。
目安としては、経験本数30本以上で6ヶ月以上のブランクがないこと。
中性浮力がしっかり取れることが必要です。
行って見たいけどスキルに不安のある方は、一度ご相談ください。


雲見—渋谷からの所要時間:3時間50分—

kumomi1ケーブダイブが楽しい伊豆NO.1の地形ポイント
メインポイントの牛着岩には大きな岩が折り重なってできた、大小無数のケーブが点在しており、”光のラビリンス”と言う表現がぴったり!
地形派を自認する方は、ぜひ一度潜ってみてください。
それから、地元の民宿の豪華な食事にも注目したいですね。
日帰り可能ですが、一泊で行くのもお勧めです。


田子—渋谷からの所要時間:3時間30分—

tago1”太根”に代表される、ダイナミックな地形に抜群の魚影を誇る外海と、”白崎”に代表される、枝珊瑚の群生が広がる内海の二つの顔を持ったダイブサイトです。
外海で豪快なダイビングをした2本目は、内海でのんびりフィッシュウオッチングをしましょう。
駐車場からボート乗り場までが大変近く、器材の持ち運びが楽なのも見逃せないポイントです。

 


安良里—西伊豆・渋谷からの所要時間:3時間20分—

arari1施設が充実&稀種珍種が続々出現する玉手箱のような海の黄金崎ビーチと魚影が濃く地形も楽しく、しかも水深が浅めで初心者に優しいボートポイント沖の根があります。
5月後半から7月にかけてはトビエイのシーズンになり、多いときは数十枚の群れが見られたことも!
ビーチボート共に初心者から楽しめるお勧めのポイントです。

 


井田—西伊豆・渋谷からの所要時間:3時間00分—

ita1隣の大瀬崎の陰に隠れて穴場的な存在の井田の海ですが、海のポテンシャルはなかなかのもの。
コンパクトなビーチには、スズメダイやネンブツダイ、キビナゴにタカベ等、小魚の群れがいつも見られます。
部落もビーチ同様こじんまりとしていてのんびりムード。
のどかな西伊豆の雰囲気を味わいたいなら、ぜひお勧めです。


大瀬崎—西伊豆・渋谷からの所要時間:2時間50分—

ose1正面に富士山を望む伊豆NO.1の人気ポイント。いつ行ってもにぎやかです。
ポイントは、外海、先端、湾内とバリエーションに富み、初心者から上級者までどのレベルのダイバーも楽しめます。
ドン深な駿河湾トラフがすぐ横に控えるため、冬から初夏にかけては、思わぬ生物との遭遇に期待がてますよ。

 


Share Button