オーバーホール

定期的なオーバーホールで、ダイビングを安全に楽しもう!

oh.imageスキューバダイビングは器材への依存度が高いもの。メンテナンスの行き届かない器材を使用することは、大変危険です。いつも安心で楽しいダイビングをするためには、常に最良のコンディションを維持していなければなりません。だからこそ、定期的な器材のオーバーホールが必要です。
また、大事な器材をより長く使用するためにも、オーバーホールは大切です。

だから、当店では、オーバーホールの周期は、年に1回。または100本に1回を推奨しています。

オーバーホール料金表

品目 料金
レギュレーター 8.640円
オクトパス 3.240円~4.320円
オクトパスインフレーター(AIRⅡ等) 4.320円
インフレーター 3.240円
残圧計 3.240円
コンピューター電池交換 4.320円~8.640円
ウエットスーツ修理 3.240円より
中圧ホース交換 7.560円~8.640円

*SASのインフレーター等、特殊器材に関しては、お問い合わせください。

*コンピューターの電池交換は、メーカー及び機種により、すべてまちまちです。詳しい金額は、お問い合わせください。

上記料金は工賃のみなので、交換するパーツ(部品)に関しては、別料金になります。
パーツ代は、器材の痛み具合やパーツの保証が効くかどうかでかなり違ってくるので、詳しくはお問い合わせください。

ワランティシステムについて

現在、スキューバプロ | TUSA | アクアラング | SAS|シャーウッド | ビーイズム(ブリヂストン) の各メーカーでは、それぞれ独自のワランティー制度を設け、消耗交換パーツの保証をしておりますので、保証期間内にオーバーホールする場合、保証パーツに関しては無料になります。

取り扱いメーカー

●スキューバプロ ●マレス ●SAS(エス・エー・エス)
●アクアラング(USダイバーズ・シークエスト・apeks)
●アポロ ●オーシャニック ●ビーイズム(ブリヂストン)
●ダイブウエイズ ●NDS ●HUSE ●クレッシーサブ ●スント
●シャーウッド ●TUSA(タバタ) ●シンギー ●モビーズ
●ゼロ ●サンファン ●ワールドダイブ

中圧・高圧ホースについて

 

oh.image2年式の古いホースや使用頻度・保管状況の悪いホースは、近い将来にエア漏れや破裂の可能性があります。メーカーでは、ホースの交換時期は、使用状況などによっても異なりますが、2~3年で交換してもらいたいと言うところが一番多いです。
したがって、お持ちの器材のホースに関して不安のある方は、ホース交換を行うことをお勧めします。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です